• GREE
  • オロ
  • サイバーエージェント
  • オイシックス
  • メディエイター
  • リアルワールド
  • リッチメディア
  • マーケットエンタープライズ
  • リブセンス
  • エスト
 

「ベストベンチャー100」について

 ベストベンチャー100とは、これから成長が期待できるベンチャー企業を100社限定でご紹介している有料の会員制サービス(法人向け)です。このサイトでご紹介したベンチャー企業には、単にサイトに掲載するだけではなく、企業成長に必要な様々なサービスを多数ご提供しています。
サイトへ掲載するためには、まず、企業が「ビジョン」「営業利益」「売上高」「成長理由」など審査する項目を記入してエントリ―します。審査委員が一定基準を満たしている企業を直接面談することで審査しています。その結果、掲載企業が決定します。その後に、このベストベンチャー100社を中心としたベンチャー業界における経営者のセミナーやパーティーなどを開催いたします。
当サイトは2005年6月にOPENしてから、これまでの約8年間で数百社のベンチャー企業を紹介してきました。その中で上場企業は16社。また、当時未上場だった企業も、5社が上場をはたしています(2013年6月時点)。
 私たちは、このベストベンチャー100社を中核とした日本のベンチャー業界の「健全な活性化」を実現できればと想っています。
 今後もこのベストベンチャー100社の中から日本経済を牽引するベンチャー企業が生まれることを願っています。引き続き弊社もこのベストベンチャー100社様1社1社の企業成長に対する貢献を行い、ひいては日本のベンチャー業界の「健全な活性化」の一助となれるよう日々精進していきたいと思います。
  • ベストベンチャー100記念式典風景1
  • ベストベンチャー100記念式典風景2

ベストベンチャー100企業様にご提供するサービス内容

ベンチャー業界の健全な活性化と1社1社のさらなる企業成長のために弊社ができること
  • 1)「ベストベンチャー100」での経営者インタビューをご掲載
  • 2)無料にて、年1回開催しているパーティー(記念式典)へご招待
  • 3)無料にて、著名経営者による勉強会へご招待
  • 4)雑誌「ベンチャー通信」の特集BestVenture100で誌面掲載

ベンチャー業界の「健全なる活性化」とはなにか

「ベンチャー通信」は、1999年にベンチャー業界誌として創刊し、今年で15年目になります。本来のベンチャー企業の魅力というのは、起業家とそこに集ってくるメンバーとの人間的成長が一番の魅力となります。世間でのベンチャー企業のイメージは、どうしても行き過ぎた極一部の人の言動やプチ成功者の派手な生活ぶりなどが注目されて、偏った伝わり方がされているようです。しかし、実際に私たちが見てきたことは違っていました。多くの起業家は寝る間も惜しんで、商売に対して真剣に真摯に向き合っていました。そもそも、そういう姿勢を持っている企業でないとこの世界では生き残ることができないのが、起業の現実なのです。

「ベンチャー通信」は、起業家やベンチャー企業という言葉がまだ世の中に浸透してないころに媒体のメッセージとして「起業家を目指すなら起業家を知れ!」を掲げていました。しかし、ここ最近では若い人の中で起業に対する抵抗感がだいぶ無くなってきました。ですから、2008年からは「起業するのも大変、継続するのはもっと大変」という媒体メッセージを掲げるようにしています。時代に応じ、業界誌である小誌も変化する必要性があります。
現在のインターネットの発展に伴い、数多くの情報や第3者の評価が瞬時に収集できる便利な世の中です。ベンチャー企業に対する情報もあふれ、ベンチャー企業に対する読者の皆様の鑑識眼もだいぶ肥えてきています。世の中のベンチャー企業に対する目利きはかなり進化してきました。
「ベンチャー通信」の今後の使命は、より進化したベンチャー業界の更なる活性化のために、読者の皆様に対して「より良質なベンチャー情報の提供」、ベンチャー企業様に対して「高め合う場の提供、学びの場」を行っていきたいと考えます。その結果として、日本のベンチャー業界の「健全なる活性化」の一助になれればと願っております。

「ベストベンチャー100」に込めた想い

日本のベンチャー業界の健全な活性化を実現し日本経済の再興の一助となるベンチャー企業こそ大義ある経営が求められる
 ビジョンなき企業は存続しない。ではビジョンとはなにか。ビジョンとは起業家の人生からにじみ出る嘘偽りのない純粋な想いであり、そこに嘘があってはいけないし、経営者個人やその企業のためだけのものでもいけない。私利私欲を超えた” なにか”がそこにはないといけない。その” なにか”がホンモノであり、企業もその” なにか”を求めていれば企業は繁栄するのである。また、その” なにか”が時代を超えるものであるならば、その企業は時代を超えて繁栄し続けることだろう。
 しかしビジョンという言葉は、最近できた言葉ではない。正確に言うと、昔はそれを”大義”と言っていた。これは、自分が所属する「藩」のためであり、「国家」のために身を捧げる意義のことである。つまりは自分のためという概念を超えたところに位置する考え方になっている。
 戦前は、この”大義”を悪用された面もあり、”大義”のない生き方というのは、人間を墜落させ、さらに生きる意味も失わせた。ベンチャーには、いま本物の”大義ある経営”が求められている。

審査委員会

ベストベンチャー100審査委員会タイトル
「ベストベンチャー100」掲載企業は、直接審査委員が、面談で審査し、ビジネスモデルだけでなく、経営者の人間性や資質などを総合的に審査して決定します。

北尾賞・宗次賞

ベストベンチャー100北尾賞・宗次賞タイトル
「ベストベンチャー100」のベストベンチャー100社の中からアドバイザー北尾吉孝氏、宗次徳二氏により厳正なる審査のもとで選ばれる賞となります。
成長が期待される企業100社を紹介
  • ベストベンチャー100Google+
  • ベストベンチャー100Facebook